借金返済法

会社を継続するために大切なこと

w

今現在、会社の倒産率は90%以上です。

設立から5年以内に、10社のうち9社が無くなっています。

倒産と聞くと、何か「敗者」や「負け」などマイナスのイメージが付きまとうように思いますが、あなたどう思いますか?

倒産は、「ただの失敗」で、貴重な人生経験の一つであり、勉強です。
逆にいうと、経験の一つでしかありません。

ただし、倒産せずに会社を継続できることにこしたことはありません。

そのために重要なことは、

「現金」をしっかりプールしておく事です。

現金さえ留保しておけば、赤字が続いても会社は倒産しません。

そして、現金をもつためには、きちんと「税金を払うこと」が重要になります。

みなさんにお話を聞くと、お金の管理を税理士に任せっきりにしている人が多いようですが、とても恐ろしい事だと思います。

ほとんどの税理士は、節税を勧めてますが、キャッシュをプールすには、税金を払う必要があります。

もちろん、節税も大切ですが、節税しすぎると結果的に現金の枯渇状態に陥ります。

会社は良い時もあれば、資金状況が悪化する時期もあります。

結果的に、つらい状況を乗り越え、会社を継続させるためには、キャッシュをしっかりと留保しておくことが重要になります。

お問合せはこちら

コメントを残す

*