借金返済法

不動産は「価値貯蔵機能」を持つ

gold

あなたは、価値貯蔵機能という言葉を聞いたことはありますか?

読んで字のごとく、価値を貯蔵できる機能を持った資産です。

不動産は、保有することで将来に備えて価値を蓄えることができ、必要なら貨幣やモノと交換することができます。

不動産は、もともと、この価値貯蔵機能を持っていますが、この日本において、変化が出てきています。

それは、地方と都心においてです。

日本は人口の減少が始まっています。

 

少子高齢化による人口動態と不動産価値の動向

 
高齢化社会に突入していること、少子化であることから、今後より一層、人口減少が進むことが予測されています。

そうなった時に、都心部の不動産は、より価値貯蔵機能が高まります。

理由は、地方の過疎化が進むことで、仕事や生活上の利便性を都心部に求めて、移住する人が増えることで、さらに都心部の不動産需要が高まるためです。

今後、日本は首都圏に人口が集中し、住む場所が少なくなるほど人口が集中すると言われています。

先日のEUの離脱問題から、不動産などの現物への資産移動が目立ちますが、不動産ローンの金利は過去最低で、今、不動産を持たずして、いつ持つのかと言われるほど、注目を浴びています。

節税にも活用できる不動産、不動産をただ持つのでは面白くはありません。

不動産の活用方法はたくさんあります。

不動産コンシェルジュのような私たちは、借金返済の方法、借り入れをする方法、などなど、不動産を活用するからこそできる方法もしっています。

これからの時代、少し賢い方であれば、不動産を活用して資産形成、資産運用ができてくると思います。

お問合せはこちら

コメントを残す

*